1. >
  2. >
  3. ヨーロッパで上手にレンタカーを利用する
自動車
欧米のレンタル

ヨーロッパで上手にレンタカーを利用する

海外の移動手段

海外旅行をするときには、どうしても移動手段は公共交通機関が中心になります。
ですが海外の公共交通機関のほとんどは日本と違って時間にルーズな運行をしていることがほとんどであるので、せっかくの予定が最初の待ち時間で台無しになってしまうようなこともあります。
そんなときには思い切ってレンタカーを利用してみるといいかもしれません。
海外で車の運転をするためには日本出発の前に交通局に行って国際免許を交付してもらわなければいけませんが、国際免許発行のために何らかの試験を受けなければならないということはなく、2週間程度の余裕をみて書類を提出しておけば簡単に手に入れることができます。
国際免許の有効期限は1年間ですが、長期滞在でもしなければ十分の発行期間と言えます。
国内での更新期限まで1年未満しかないといった場合など特例的な場合にはちょっとした手続きがいるようなこともありますが、基本的にはそれほど難しことではないのでぜひとも一度取得をしてみることをおすすめします。
問題は免許取得そのものよりも、実際に海外に行った時のレンタカーの手続です。

海外のレンタカー

日本でレンタカーを何度も利用したことがある人ならある程度やり方はわかると思いますが、ヨーロッパ地域ではかなりレンタカー事情に違いがあります。
ただしレンタカーを借りるための手続はインターネットを使えば簡単で、国内にいるときから各レンタカー会社のホームページにアクセスして希望の営業所や車種、オプションを指定することで予定日に訪れるだけですぐに車を借りることができます。
アメリカやヨーロッパ地域など日本からの観光客が多い場所では、レンタカー申し込みを日本語でできることも多いので、信頼性のある大手のサイトを一度みてみるとよいでしょう。
ところでヨーロッパ地域でレンタカーをするときにはちょっとしたコツを使うとかなり便利になります。
それはまずは出発前に国際免許とともに、地図若しくは日本語で案内ができるカーナビを持ち込むということです。
レンタルした車にカーナビをつけてもらうこともできますが、日本語対応しているかどうかは若干不安な場合もあります。
カーナビでなくても紙面の地図を持ち込むとかなり便利にドライブができます。

また、レンタルをする営業所を選ぶ時には宿泊するホテルの近くではなく、郊外の観光地に出かけるための町の出口付近を選ぶという方法も便利です。
日本とおなじく駅前はかなり混雑をするので、車で抜けるまでにはかなり時間がかかってしまうためです。