1. >
  2. >
  3. パンダのレンタル1億円
アジアのレンタル

パンダのレンタル1億円

パンダをレンタル

上野動物園の動物で有名なのはパンダのトントンでしょう。
これは中国からレンタルしたパンダから生まれた子供であり、今はその弟のユウユウも生まれています。
上野動物園でも人気であり、動物園に来たときも子供が生まれたときも大きなニュースにもなりました。

しかしこれは日本がレンタル料金1億円という大金を支払って、中国から国内へ招き入れたパンダであり、日本にとっては大きな支出となってしまいます。
上野動物園での人気ぶりを伺うと、その費用対効果は決して無駄ではないとも言えますが、大きな支出を伴っているのは変わりがありません。

昔は贈与という形で日本にパンダが送られ、繁殖させれば中国にお金を支払う必要はありませんでした。
しかしワシントン条約などの影響があり、今は中国から日本にパンダが送られるときはレンタルという形になり、レンタル料金が発生します。
またレンタル中に寿命以外でパンダが死んでしまった場合には、賠償金が発生し、数千万円支払わないといけないようにもなっています。
ちなみに支払われたレンタル料金は、中国でパンダの保護などに使われています。

繁殖させる必要がある

わざわざ1億円も支払うならパンダをレンタルしなければいいのではないかという人もいるでしょうが、しかしこれには動物園の人寄せとしてレンタルしている以外の理由もあります。
実はパンダは繁殖能力が低く、昔は乱獲されたために非常にその数が減少してしまいました。
そこでパンダはレンタルして繁殖させないと、絶滅する可能性があるために、わざわざ日本で繁殖を試みているのです。

トントンなどのパンダの繁殖には成功していますが、しかし現在の日本では中国からのパンダをレンタルしており、また日本で繁殖したパンダも親が中国のパンダなら中国のものと決められており、今後もレンタル料金は当分発生します。

乱獲後の繁殖活動を行ってきた結果はというと、中国でも保護活動をしているために、少しずつではありますが、パンダの数は増えているようです。
とは言っても、パンダの総数は2,000頭前後なので、他の種と比べるとまだまだ数は少なく、予断を許さず、これからも繁殖活動は続けていかなければいけないでしょう。
また密猟者によっても、パンダの数は減ってしまいますので、そのような密猟者を取り締まる姿勢も続けていかなければいけません。

実際に人間の都合によって、毛皮を取ったり角を取ったりするためだけに殺されて乱獲された動物は沢山おり、そのために絶滅した動物も多数います。
まだまだ数が少なく、人間次第で絶滅する可能性もあるので、パンダにもそのような運命をたどらせることがないようにしないといけないのです。