1. >
  2. >
  3. 企業進出に便利なレンタル工場
アジアのレンタル

企業進出に便利なレンタル工場

工場の海外進出

国際的な展開をする企業にとっては、競争力を高めることのできる製品を作るための工場進出が欠かせません。
アジア地域においては人件費や土地代の安さが大きな魅力であるため、日本を始め世界各国の企業が生産拠点として工場を置きたいというニーズを高く持たれています。
ですがなじみの薄い文化や現地の人をそのまま使って一から工場建設をするというのはリスクの高いことです。
そこで現在多くの企業に利用をされているのが、あらかじめ設備の整った工場をレンタルして、生産器具のみをもちこんで製造を行うという方法です。
タイやマレーシアなど東アジアの各国では、それら海外からの企業進出を見込んで工業団地にレンタル工場を数多く建設している最中でもあります。

レンタル工場地域

主なレンタル工場地域を挙げていくと、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、中国があります。
中でもタイは以前に深刻な洪水被害を受けたにもかかわらず、現在ではその損失を取り返す勢いで工場の進出が進んでいます。
今後も投資対象としてはアジアの中で重要な役割を果たしていくことが予想されているので、レンタル工場の借入地域としては最大注目をするところと言えるでしょう。
特にタイへのレンタル工場では大企業よりも中小企業が多いようで、日本人の人材も不足しているので今後多くの人がレンタル工場に関わる業務をしていくのではないかと予想されています。

海外での生産拠点を作るときにレンタル工場を利用するメリットは、建設費や設備投資費といった初期費用を大幅におさえることができるとともに、市場や顧客の状況といった現地の人でなければわからないようなことを先に知ることができるという点です。
また、移転をしてすぐに生産を開始できるというスピード感も大きな利点です。
さらに賃貸契約による場所借りなので、もし生産が軌道に乗って新しく工場を立て直すことになっても引越しがしやすく便利であるということもあります。

東アジア地域におけるレンタル工場では、さらに企業ニーズにあったレンタルサービス形態も提供されるようになっています。
2010年の末頃から急激にニーズを伸ばしていきているベトナム北部においては、大きな生産用の工場以外にもオフィスとして使える小さなスペースも間借りできるような場所もあります。
今後ますますアジア地域への企業進出は進んでいくことでしょう。
圧倒的な不足状態もそろそろ均衡に近づきつつあるのが現状です。