1. >
  2. >
  3. タイでバイクをレンタル
スクーター
アジアのレンタル

タイでバイクをレンタル

東南アジアのバイク事情

東南アジア地域では、移動手段としてバイクがもっとも多く使われています。
タイやバンコク、ベトナムなどの町中の様子を映した映像を見るとほとんどの人がバイクにまたがり荷物運びや移動をしている様子が見られます。
現地に観光旅行に行った時に主に利用することになるのはタクシーかろ思いますが、タクシーの場合には運転手との交渉が必要になり、またさまざまな交通トラブルのため法外な料金を請求されたり目的地にうまく到着できなかったりという問題があったりします。
何度も東南アジアを訪れたり、またちょっと変わった旅行をしたいと考えるなら現地でバイクをレンタルしてみるのがおすすめです。
バイクを使った移動ならかなり活動範囲が広がりますし、観光ルートとはまた違った新しい発見をすることができます。

レンタルに必要なもの

ちなみに海外でバイクをレンタルしようと思ったら、事前に国際免許証を取得しておく必要があります。
ただし国によってはかなり免許に関する取り扱いが適当であったりすることもあるので、国際免許証がなくてもパスポートなど身分証明ができる書類を見せればレンタルできてしまうこともよくあります。
しかし海外旅行客といえども交通規範に違反したところを警察に見られれば捕まってしまいます。
現地の警察のお世話になってしまうと、言語的な壁もありかなり苦労することになるので、できれば免許はきちんとそろえておきたいですね。
タイでレンタルできるバイクはたくさんありますが、一番おすすめなのが運転が楽なスクータータイプのバイクです。
レンタル料金はバイクの車種や状態、またそのお店の様子によってかなり変わってきますが、交渉することでかなり安く借りることができます。
安さ優先で古いバイクを借りてしまうと、故障やパンクが簡単に起きてしまうこともあるので、できるだけよいものを選ぶようにするとともに、基本的なバイクの知識も備えておくようにしましょう。

タイでのレンタルバイクは、専門のレンタルバイクショップを利用するか、もしくは宿泊するホテルでレンタルをするかの方法があります。
価格的にはレンタルバイク屋の方が安いのですが、ホテルからの距離が遠いと返すのが面倒になってしまうこともあります。
その点ホテルでのバイクレンタルならギリギリまで使用していても、そのまま簡単に返却ができます。
タイでは昼間かなりたくさんの警察が町中で張っているので、十分に注意をしながら安全運転で観光を楽しみたいところです。