無人島のレンタル

一度は経験してみたいサバイバル体験

日常生活に疲れていると、たまには気分をリフレッシュさせてストレス解消したいと思いますよね。
色々なストレス解消法がありますが、自然環境に親しみながら数日間過ごすのが一番おすすめです。
自然環境に慣れ親しむ方法もたくさんありますが、ぜひ体験して欲しいのが無人島生活です。
映画やバラエティ番組でも無人島で数日間生活している様子が紹介されていますが、実際に自分でも体験してみたいと思った事はありませんか?
日常生活とは全く違った無人島でのサバイバル体験は、今後の人生にも大いに活かされるはずです。
無人島のレンタルは沖縄の屋那覇島と具志川島で体験することができます。

参考:格安無人島貸します

レベルに合わせた無人島を選択

初めて無人島生活を体験する方は何かと不安に感じる部分が多いと思います。
そこでレベルに合わせた無人島を選択できるようになっています。
初心者さんにおすすめなのが屋那覇島です。
現在は無人島ですが、以前は人が住んでいたため古井戸や貯水池が残されています。
トイレやシャワーはきちんと完備されていますので、初めて無人島生活を体験する方も安心して利用できるはずです。
なおトイレやシャワー以外には建物が存在していませんので、自然の豊かさをたっぷり堪能できるようになっています。
運が良ければ野生のウサギやヤギと出会えるかもしれません。
以前は人間に飼育されていたものが野生化したのだと考えられます。
島の周辺ではダイビングを楽しむこともできます。
ダイビング中に大きなウミガメが悠々と泳いでいる様子をご覧いただけるかもしれません。

無人島でのサバイバル生活に自信がある方は、具志川島をおすすめします。
屋那覇島にはトイレやシャワーが完備されていますが、具志川島には存在していません。
昔は人が住んでいたため、学校の校門などが残されていますが、建造物としては既になくなっているためサバイバル気分を味わうことができます。
島の周辺は豊富な海産物が採れることでも有名で、大きなイセエビを捕まえられるかもしれません。
夜のダイビングは昼間とは違った景色を楽しむことができます。

どちらの島を選択しても最長7日間までの滞在が可能です。
1上陸、1名に付き9000円というお値段で利用できます。
なお、どちらの島も1日3組までになっており、1組あたり3名以上でお申込みできるようになっています。
ちなみにこの料金には伊是名島からの瀬渡し、ガイドなどの料金も含まれています。

無人島生活をする際には絶対に自然環境を汚さないようにしてください。
ゴミはそのまま放置せずに、きちんと持ち帰りましょう。
宿泊に必要なテントや炊事セット、水タンクなどはそれぞれが用意しなければいけませんので、事前にご確認ください。