ハワイのハーレー レンタル

ハーレーでの旅

アメリカというと旅行で行くならハワイに行く人も多いでしょう。
車や歩いて観光地などを見るような旅も良いですが、免許があるならハーレーに乗って旅をするのはいかがでしょうか。
手軽にハーレーで旅をするなら、現地のバイク店でハーレーを借りて乗ると良いでしょう。
日本から持ち込むのはお金もかかるので大変です。

ワイキキから出発して、海岸線を通り海を見たり、北上してノースショアに行き、帰りはフリーウェイで帰ってくるというようなコースも良いでしょう。
兎に角ハワイなら海沿いでも海が綺麗ですし、山沿いなら緑が豊かで綺麗です。
天気が良ければハーレーで旅をすれば最高の旅になること間違いなしです。

交通マナーも日本とほとんど変わらないので、気軽にツーリングが行えます。
違うのは車は右側通行なので、それを間違えなければ大丈夫です。
一度タクシーやバスに乗れば右側通行に慣れるでしょう。
フリーウェイを通るなら平日は混雑するので、おすすめは土日にツーリングすることです。

レンタル店

ハーレーをレンタルするなら現地のレンタル店を探します。
日本人が経営しているようなレンタル店もあるので、そのようなお店だと日本語で安心してバイクを探せます。
ファットボーイやロードグランド名など数十種類のハーレーが取揃えられていますので、あなたの好きなハーレーを探してレンタルすると良いでしょう。
レンタル料金としては100ドルから150ドルぐらいです。
レンタル料金には保険も含まれている場合が多いので、万が一の時でも安心です。

さてツーリングを初めて行うなら、バイク店の人が案内してくれるようなサービスもあります。
または地図を片手にツーリングするのも良いですが、最近ではiPhoneなどのスマホがあればカーナビ代わりになるので便利です。
このようなものを使うのも良いでしょう。
タンデムでツーリングしても、一人で乗るのとは違い楽しいものです。

ハワイなどの治安の良い場所の旅の醍醐味はなんといっても現地の人との触れあいでしょう。
ツーリングで景色を見ながら楽しむのも良いですが、もしも道がわからないようなことがあれば、道端を歩いている人や建物の人などに声をかけて道を聞くのも新鮮な体験となります。
英語を上手く話そうとしなくても、一言二言のカタコトの英語だけでも相手は理解してくれます。
このような現地の人との接触も楽しいものです。

ツーリングをするなら、忘れてはならないのはガソリン切れです。
通常はガス欠は大丈夫だとは思いますが、1日中ハワイを回るような長旅をするなら、ガソリンの量には気を配って、少なくなったら忘れずにガソリンスタンドで給油するようにします。
ハワイではセルフサービスのガソリンスタンドが多いです。